かごの鳥 ~毒親との日々~

かごの扉はいつも開いています。飛び立てるかはあなた次第。

私の親は「毒親」でした⑥ @離婚調停

たった4年間の結婚生活

2人の子供がいるのにも関わらず

私たち夫婦は互いを信頼できず

離婚を進めることになってしまいました。

 

辛かった離婚調停

離婚が決まると、元旦那の態度は一変しました。

他人になると、人はこんなにも残酷になるのだろうか。。と思うほど。

 

息子たちの学資保険や積立貯金など

彼名義のものは全て、私の手元に入ることはありませんでした。

 

離婚調停を行ったものの、何度か行ううちに心が折れてしまい

最終的には「子供と交流しない」を条件に「養育費なし」で

合意することになりました。

 

さらに人を信用できなくなった

我が子に何も残すことなく去り

子供との交流権をも放棄した元旦那に

悲しみ・憎しみが込み上げると共に

私の心には、ぽっかりと大きな穴が開いてしまいました。

この事をキッカケに

さらに「人を信用する」ということが

できなくなってしまいました。

 

両親からの叱責

そんな状態の中、私の両親は

事あるごとに、結婚・離婚したことを叱責し続けました。

「だから結婚なんかするんやないって言ってたんや」

「なんであんな男と結婚したんや」

「周りに迷惑ばっかりかけて」

 

まさにその通りの事で、反論などできるはずもありませんでした。

 

私は悪い子、迷惑ばかりかける子

事あるごとに叱責されることで

「私は親に迷惑ばかりかけている・・何を言われても仕方ない」

「親の言う事を聞かなかった、私が悪いんだ」

 

そんな風に思いながら

シングルマザーとしての生活が始まったのです。

 

 

次回に続きます・・

 

 

始めから読むならこちら ↓

 

↓ ↓ 応援お願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ